長生地域
  茂原市の民権家 
 齊藤自治夫(和助)
三大事件建白運動


JIJIHU SAITO
 
 



 

 房総自由民権資料館(home page) click
       
千葉・東葛地域 民権派代言人 板倉中と妻比左(next page)





 
 《contents》


 (1)齊藤自治夫(和助)のプロフィール

 (2)齊藤自治夫書簡

 (3)齊藤自治夫年譜

 (4)齊藤和助編『板垣退助君高談集』

 (5)齊藤和助の「鳴求社」批判(準備中)

 (6)吉原次郎八(準備中)









齊藤自治夫宛書簡の束 


1990年5月に発見された齊藤家文書


 



《齊藤自治夫のプロフィール》
  1857(安政4)年10月生誕〜1916(大正5)年10月死去

 


‥‥‥長生郡の民権家である齊藤自治夫を紹介してみたい。長生郡といっても民権運動が盛んであった明治10年代は長柄郡と上埴生郡に分かれていたから、齊藤自治夫は長柄郡の長尾村(現茂原市)の自由党員であった。

齊藤自治夫は1857(安政4)年10月生まれで、若い頃は齊藤和助といった。1887(明治20)年頃に、ユニークな名前の自治夫に改名したようである。「ジチフ」と読んだ方が自然のような気がするが、御子孫の方たちは皆「ジジフ」と呼んでいる。当時の電報に「ジジオ」と記されている史料も残っている。私は御子孫の読み方に従っている。

彼の生涯で最も光芒を放っているのは、三大事件建白運動が盛り上がった1887(明治20)年の秋である。多数の署名(南総80余か町村の総代と伝えられている)を抱えて上京し、首都で地租軽減等の建白運動を貫徹した。しかし、保安条例の適用対象者となり、12月26日以降皇居外三里以遠へ追放となってしまった。東京での活動の場を失った齊藤自治夫等は、運動の建て直しに悪戦苦闘したようである。1888(明治21)年の5月に、東北地方へ遊説を試みたりしている。

保安条例が解除されたのは1889(明治22)年の2月11日である。この日、憲法発布の恩赦によって多数の民権家(政治犯)が釈放された。国会開設は1年後に迫っていた。この辺の政治的駆け引きは、伊藤博文ー山県有朋ラインの方が幕末の権力闘争をくぐり抜けて来ただけに、民権派よりもかなり上手だったのかもしれない。

現在、茂原市長尾の齊藤家を訪れると、庭に自治夫の顕彰碑が建てられている。題字は福島県三春町出身の民権家の河野広中(後に衆議院議長)である。齊藤自治夫は晩年、豊田村村長を務め、1916(大正5)年10月に59才で死去した。






齊藤自治夫書簡 叔父の吉原次郎八宛 1889(明治22)年2月18日



                                           


  齊藤嘉治氏提供
 


    
【書簡解読】

     「
拝呈
     陳者(のぶれば)余寒未難去候処
     高堂益御多祥之段奉賀候
     小生儀曩(さき)ニ保安条例第四条
     ニ依リ皇城三里以外ヘ放逐せら
     れ候処此度帝国憲法発
     布之日ヲ以解除相成候就
     而ハ其之祝意として一宴相
     開度候間来ル二十日正午頃迄ニ
     御差繰り御枉賀(おうが)被下度此段
     御待申上候 草々
     二月十八日  齊藤自治夫
     吉原賢叔父 貴下 
     二白 小生一身上ニ付御願申上度儀も有此
     候間是非共御出張願上候


※憲法発布の恩赦によって保安条例が解除されたことを連絡する書簡。叔父の吉原次郎八(千葉市出身)は元自由党中央の常議員である。





齊藤自治夫顕彰碑(齊藤家前庭)



茂原市長尾







【齊藤自治夫年譜】






1857(安政4)年
10月 長柄郡長尾村(現茂原市)で誕生(戸籍謄本)

1881(明治14)年
7月 鳴求社結成(総房共立新聞)

1882(明治15)年
1月 鳴求社第2回演説会で演説、「国家は人民の組織」(総房共立新聞)6月 自由党臨時大会に叔父の吉原次郎八と共に参加(自由党臨時会出席人名簿)

1883(明治16)年
4月 吉原次郎八自由党常議員となる(自由党規則)6月 自由党入党(吉原次郎八、小高毅雄、石井喜一等も)(自由党史)

1884(明治17)年
5月 自由党大阪大会の千葉県代表選出について、香取郡の石田直吉から連絡(書簡)

1885(明治18)年
5月 『板垣退助君高談集』を出版

1887(明治20)年
*このころ名前を「和助」から「自治夫」(じじふ)に改名。11月 「地租軽減」の建白書を元老院に提出(三島通庸文書)12月 保安条例により首都退去(2年半)(公文雑纂所載名簿)

1888(明治21)年
5月 東北地方を遊説(書簡)8月 県会議員補欠選挙に立候補し当選〜1894(明治27)年3月まで(議員名鑑)10月 関東8州大懇親会参加、後藤象二郎他250人(東海新報)

1889(明治22)年
2月 憲法発布の恩赦で保安条例解除(書簡)7月 長生倶楽部を板倉胤臣等と結成、幹事に就任(東海新報)10月 東京倶楽部(非政社派)の遊説員(明治政史)

1892(明治25)年
3月 県会副議長になる〜1894(明治27)年3月まで(議員名鑑)

1895(明治28)年
4月 豊田村村長となる〜1898(明治31)年6月まで(長生郡郷土誌)

1902(明治35)年
長生郡郡会議員に当選(議員名鑑)

1911(明治44)年
9月 再度豊田村村長となる(長生郡郷土史)

1916(大正5)年
10月 死去(59才)(議員名鑑)

【参考文献】
・佐久間耕治著『房総の自由民権』崙書房1992年
・佐久間耕治稿「自由民権研究の新段階ー房総の三大事件建白・齊藤自治夫宛書簡に依拠して」・宇野俊一編『近代日本の政治と地域社会』(国書刊行会1995年)所収




  

  齊藤和助編
 
 『板垣退助君高談集』
   1885(明治18)年刊





 










藍和三郎碑


千葉・東葛地域民権派代言人 板倉中と妻比左(next page)  click

房総自由民権資料館(back to home page)  click


*** 第室終了  back to top ***